少しでも早い返済の為に!
借り換えローンをするなら口コミをチェック!

借り換えローンの前に

借り換えローンの前に正確な借入残高を知る

カードローンなどの借入残高が多い人ほど、自分の正確な借入金額を把握していません。

特に、多重債務で返済が困難になった人達の場合は、全く借入金額を把握していないと言っても過言ではありません。

中には実際の借入金額が本人が把握している借入金額の2倍に達する例も少なくありません。

そこで、借り換えローンを考える前に必要なことは正確な借入残高の確認です。

正確な借入残高を把握しなければ、次の借り換えローンの申し込みもできません。

現在では銀行でも消費者金融会社でもインターネットで借入残高を簡単に確認することができます。

また、借入金融機関や消費者金融会社に電話で問い合わせることや、郵送で借入明細書を貰うこともできます。

もし、借入金融機関や消費者金融会社が複数の場合は、全ての業者の借入残高を確認しなければなりません。

そして、借入金融機関や消費者金融会社の全ての取引業者から借入明細書が届くと、借入金総額や毎月の返済額を把握することができます。

本来、この様な手続は毎月行っておくべきことですが、借入残高が数社に渡る様な多重債務者や多重債務者予備軍の人達でこの様な作業を毎月行っている人は稀です。

誰でも自分の借入残高が毎月増えて行くのを見るのは絶えられない筈ですが、殆どの人はその様な現実から目を背けてしまうのです。

従って、借入金を減らす長い過程の第一歩は、正確な借入残高を知ることです。

同様に借り換えローンを申込む前に行うべきことは、正確な借入残高を知ることなのです。

弁護士に依頼して民事再生手続や自己破産手続を行う場合も、担当の弁護士が最初に行う仕事は借入金総額の確定なのです。

従って、正確な借入金総額と現在の毎月の返済額を把握して初めて、有利な借り換えローンを選択することができます。

借り換えローンを選ぶ場合には少なくとも金利が現在よりも低くなるか、金利は同レベルでも毎月の返済額が少なくならなければ意味がありません。

借入残高を減らす

借り換えローンの前に借入残高を減らす

借り換えローンを検討している人は、現在の返済が苦しくなっている人です。

或いは現在の返済が苦しいというよりも、現在のままでは借入金総額が増えている場合が多く見受けられます。

つまり、このままでは多重債務に陥るか、場合によっては返済不能に陥る恐れがあるから借り換えローンを検討するのです。

従って、借り換えローンは少なくとも現在の金利よりも低いローンか、金利は同等でも返済期間を延ばして毎月の返済額は減らせるものでなければ意味がありません。

また、毎月の返済額は減らせるものでも、金利が高くなるローンでは返済を先延ばしているに過ぎません。

従って、その様な考えを持って借り換えローンを考えるとすれば、極力借入残高を減らしてから借り換えローンを考えるべきなのです。

そこで、借入残高を減らす為のあらゆる手立てを考えなければなりません。

まず、配偶者や親・兄弟などの家族に相談できる場合は相談してみると良いでしょう。

思わぬ人が援助してくれるかもしれません。

また、家族や親戚を頼りたくない人は、会社の上司や知人・友人を考えるべきです。

家族や知人・友人に頼みたくないのは誰でも同じですが、多重債務や自己破産に陥るよりはずっとマシなのです。

そして、不動産・車・有価証券などが有る場合は売却したり、勤務先などから融資を受けられる場合は利用することが大事です。

この様に考えられる手立てを総動員して借入金総額を圧縮しなければなりません。

金利が低く返済期間が長い夢の様な借り換えローンなどは存在しないからです。

殆どの借り換えローンは、現在のローンとそれ程違いはありません。

只、弱冠、金利が低い程度のことなのです。

その為、借り換えローンに切り替える時は、借入金を全額返済する最後のチャンスと考えなければなりません。

その為には、極力借入残高を減らしてから借り換えローンを考えるべきなのです。

借り換えローンの前に借入件数を減らす

借り換えローンを考える場合は、借入金総額と借入件数を極力減らすことは重要なことと言えます。

まず、借り換えローンは最後の借入金の完済のチャンスと考えて、借り換えローンを組む前に借入金総額をあらゆる手立てを考えて圧縮しなければなりません。

そして、もう1つ必要なことは、借り換えローンの前に借入件数を減らしておくことです。

借り換えローンやおまとめローンを考える人は、少なくとも現在の返済ペースでは返済を継続できない人が多い筈です。

その様な人達はそれまで無計画なキャッシングを繰り返していますから、必要以上に借入社数や借入件数が増えています。

そこで、良い機会ですから、借り換えローンの前に借入社数や借入件数を減らすことも重要なことと言えます。

何故なら、銀行などの借り換えローンの審査では、借入件数が3社以内という金融機関も多いからです。

また、消費者金融会社の場合も、3社以上の借入がある申込者は敬遠される可能性が高いと言えます。

そして、有利な条件の借り換えローンを組む為にも、借入社数や借入件数は極力減らさなければなりません。

少なくとも借入社数や借入件数を3社以内に減らしておくことが求められます。

当然のことながら、借り換えローンの場合も返済に不安のある人には融資してくれません。

そのボーダーラインが借入件数が3社から4社で、3社から4社以上の言わば多重債務者には融資できない金融機関や消費者金融会社は多いのです。

そして、実際に本気で取り組めば、借入社数や借入件数を減らすことはそれ程難しいことではありません。

借入残高が少ない業者の借入を全額返済していけば良いのです。

そして、借入社数や借入件数を3社以内に減らしておけば、借り換えローンを組める業者は増えてきます。

但し、借り換えローンやおまとめローンを積極的に取り扱っている消費者金融会社や信販クレジット会社やネット銀行を選ばなければなりません。

借り換えローンやおまとめローンを取り扱っていない業者も多いからです。

返済計画を建てる

借り換えローンやおまとめローンは自力返済の最後のチャンスと考える必要があります。

多くの場合、借り換えローンやおまとめローンを断られた人達の行き着く先は、多重債務か自己破産というのが現実だからです。

つまり、借り換えローンやおまとめローンは、借入金を自力返済するか自力返済を諦めて法的な救済を仰ぐかの瀬戸際なのです。

その為に、最後のチャンスである借り換えローンやおまとめローンを組む前に、極力ローンの残高を圧縮し借入社数も減らして良い条件で借り換えローンやおまとめローンはを組むことが求められます。

従って、ローンの残高を圧縮し借入社数も減らした後に借り換えローンを組むに当たって、実現可能な将来のしっかりした返済計画を立てなければなりません。

借り換えローンを確実に返済していくためには、生活費を含めた支出の見直しを行う必要があるからです。

それと同時に副業や休日のアルバイトや在宅ワークを考えて、収入の増加も考えなくてはなりません。

収入が増加すれば、借り換えローンで毎月の返済額が増やせるからです。

借り換えローンで毎月の返済額を増やせるということは、返済期間が短くなることを意味します。

もともと、個人向け無担保カードローンや借り換えローンやおまとめローンは非常に高い金利が設定されていますから、返済期間が短い方が元利合計の返済総額は少なくなります。

その為に、支出を削って収入を増やす当り前のことをもう一度考えれば、借り換えローンを毎月確実に返済していくことも可能なのです。

そして、1日も早く借金人生から開放されることが求められます。

借入金を全て返済し終わった人が長い年月の返済総額を計算してみると、ビックリする様な金額を返済していることが解ります。

つまり、気の持ちようや考え方の違いで、借金人生を貯金の人生に転換させることもできるのです。

最新情報

2015年2月4日
借り換えローン口コミ情報
銀行の借り換えローンで計画的な返済が出来た話
以前勤めていた職場に、ローンやキャッシングの返済で苦労していた同僚がいました。 本人も気づかない内に、給料の額・・・
2015年2月4日
借り換えローン口コミ情報
低金利のローンへ借り換え成功!返済が楽になった
私は少し前まで複数のカードローンから借り入れをしていました。その多くが消費者金融系で、利子も高くしかも利子はそ・・・
2015年2月4日
おまとめローン
おまとめローンは借金返済の近道!お得に借入を一本化
おまとめローンのすすめ おまとめローンってご存知ですか? キャッシングなどでローンが身近になった今、様々な会社・・・

銀行の借り換えローンで計画的な返済が出来た話

以前勤めていた職場に、ローンやキャッシングの返済で苦労していた同僚がいました。 本人も気づかない内に、給料の額・・・

低金利のローンへ借り換え成功!返済が楽になった

私は少し前まで複数のカードローンから借り入れをしていました。その多くが消費者金融系で、利子も高くしかも利子はそ・・・

おまとめローンは借金返済の近道!お得に借入を一本化

おまとめローンのすすめ おまとめローンってご存知ですか? キャッシングなどでローンが身近になった今、様々な会社・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ